有島武郎の歌碑

浜坂の遠き砂丘の中にして侘しき我を見出でつるかな
大正時代、白樺派の小説家。大正12年4月、山陰講演旅行の帰路、城崎温泉に宿泊しこの歌を色紙に書きました。
温泉寺薬師堂前に歌碑があります。