加茂季鷹の歌碑

朝な夕な末の世かけて世の夢をうちおどろかす鐘の声かも
江戸後期の歌人。京都上加茂神社の祠官でした。
温泉寺の参道途中に歌碑があります。