温泉寺・多宝塔

本堂裏の小高いところに建つこの搭は、明和4年(1767)の再建ですが、当初の南北朝時代の様式を踏襲したものとみられ、屋根がやや大き目になっているのが特色で、但馬地方唯一の多宝搭です。