吉田兼好の歌碑

~花のさかり但馬の湯より帰る道にて雨にあひて~
しほらしよ山わけ衣春雨に雫も花も匂ふたもとは
南北朝時代の文人、随筆集「徒然草」の著者として知られています。
歌は「兼好法師歌集」に収められています。大師山山頂に歌碑があります。